Read Article

【食生活】DHA・EPAの貴重な供給源「サンマ」が食べられなくなる日も近い!?

20151003-1

サンマが高くなってる気がしたのは、この影響なの?

参考:サンマ減少 大衆魚がいなくなる(東京新聞)

温暖化の影響で海流など海の環境が変化して、回遊魚のサンマが近海へ入りにくくなったこともあるという。しかし、最も大きな要因は、台湾や中国漁業の台頭だ。今台湾は、日本を追い越して、世界一サンマを漁獲している。

日本の排他的経済水域(EEZ)に入る前の公海上に、千トン級の大型漁船を繰り出して、巨大な網で魚群をキャッチしてしまう。背景に、世界に広がる和食ブームの過熱があるのは皮肉である。

げげっ。

排他的経済水域ギリギリのところで、大網で根こそぎ漁獲してるのか。そりゃあ、日本に入ってくる量が減るに決まってますよね。全国さんま漁業協会の資料を見ると、ここ数年で台湾の漁獲量が急増しているのが分かります。

20151003-2

そりゃあ、日本の目と鼻の先でこんだけサンマ獲っていたら漁獲量が減るよね・・・。きっと、海に出ると目前に日本の領海が広がっている中国や韓国、ロシアも「日本さえなければ色んな魚が獲れるのに!」って思ってるんだろうなー。

アジア各国の経済成長が著しくて日本と肩を並べるのも秒読みのいま、アジアの多様で柔軟な食文化があれば、魚の生食など和食の受け皿も大きいんでしょうね。1.2億人の人口を擁する日本に対して、アジアの総人口は45億人。魚って高いなーと思うことがあるけれど、今より安くなることはなさそう。各国が足並み揃えて漁業規制できればいいんだろうけど、大量消費の定めにある経済成長を競っている現在だと難しいよね。

瀬戸内海を大きな生簀(いけす)にして大規模に魚を養殖するとかできないのかなー。

その他のお知らせ

Return Top