Read Article

【青汁】新商品販売ラッシュ!青汁人気の勢いが止まらない!

20150930-1

青汁人気に陰りが見えませんね!

一気に3社から青汁新発売のプレスリリースが発表されたので、それぞれ商品特徴をまとめてみますね。どんな青汁が販売されるのか、とても楽しみです。まずは菓子、乳飲料の明治さんが発売する青汁からどうぞ!

参考:ドリンクタイプ初のトクホ青汁!「明治 青汁」新発売

20150930-2

自然豊かな九州の大地で有機栽培した青汁原料(大麦若葉、甘藷若葉、ケール)に、ピーマン、アスパラガスなど8種の緑黄色野菜をブレンドしました。青森県産のりんご果汁を使用することで、飲みやすく爽やかな味わいに仕立てています。おなかの調子を整える特定保健用食品として、毎日無理なくお召し上がりいただけます。

ドリンクタイプの青汁では初めてとなる特定保健用食品「明治 青汁」を2015年10月6日から全国で発売いたします。

見た目は青汁ですが、よく調べてみると

  • 8種類の野菜ジュース
  • りんご果汁(果汁10%未満)

が使われているため、より健康イメージの強い青汁として販売するけれど、中身はいわゆる野菜ジュースに近いような気がします。糖質7.9g(ほとんど果糖かな?)と糖が高めなのも野菜ジュースにそっくりです。本商品は、難消化性デキストリン(ほとんどのトクホで使われる食物繊維)で「お腹の調子を整える」トクホ(特定保健用食品)の認可を受けています。けれどトクホ(特定保健用食品)って、消費者庁に許可された成分(本商品でいえば食物繊維)が大事なので、それ以外の原材料(青汁素材や野菜など)に効果を持たせづらくなるのが辛いんですよね。

つづいて、和歌山県みなべ町の梅干し専門店ぷらむ工房(株式会社岩本食品)さんから発売される梅エキスをブレンドした酸っぱい青汁です!

参考:梅エキス青汁 3g×31包

20150930

梅干し専門店ぷらむ工房さんHPより

紀州みなベ産 南高梅のみを原料としたムメフラール含有の梅エキスと、国産の大麦若葉、桑の葉、明日葉の青汁素材を組み合わせ、豊富な食物繊維と梅エキスの貴重な成分を、同時に素早く摂取出来る梅の里ならではの健康青汁「梅エキス青汁」を数量限定で販売しておりましたが、お客様からの声を受け再販を開始しております。

酸味ってクセになりますもんね。リピーターからの要望が多かったのもうなづける、とっても面白い青汁です。昔から疲れた時には梅干しを食べたりしているので、疲労回復にも役立つ青汁かもしれませんね。念のため原材料を確認すると、

原材料:「大麦若葉末、デキストリン、梅エキス、明日葉末、桑の葉末、はちみつ、トレハロース」

となっています。デキストリン(デキストリンとは、食物繊維として役立つ難消化性デキストリンとは異なり、栄養価に乏しいカサ増しに使う添加物の一種)と人工甘味料(トレハロース)を配合した分だけ青汁が薄くなってしまうので、健康効果を求めるならぷらむ工房さんの梅エキスを無添加の濃い青汁に加えるのも手かもしれません。

 

最後に、日本薬健さんから発売される国産大麦若葉100%の青汁です!

参考:日本薬健より「金の青汁」シリーズ誕生

20150930-3

「純国産大麦若葉100%粉末」は、純国産の大麦若葉を100%配合し、製法、品質にこだわった商品です。青汁特有の青臭さをなくし、抹茶風味でスッキリとした味わいに仕上げました。また本商品は、青汁マイスター協会が厳正な審査を行い、「適切な品質管理のもとで製造され、日ごろの健康維持・増進に役立つ」と認定した第1号商品です。

無添加の青汁が増えるのって、いいですねー。

それにしても、この青汁。どこかで見たような気がするんですよね・・・、そうそうドラッグストアで売れ筋の大麦若葉100%青汁(山本漢方)です。ちなみに、こんなパッケージの青汁です。

20150930-4

なんか似てませんか?気のせいかなー。

この青汁をターゲットにされているならドラッグストアやアマゾンで販売するのかもしれませんね。ただ山本漢方さんの大麦若葉100%は中国産を使うなどして販売価格を抑えているので、国産にこだわるなど品質を追求しすぎると価格で勝負にならないのが心配です。

店頭で販売するなら、品質よりも安さ(あと、安いのに品質も頑張ってるかも、って思わせる売り文句やパッケージも)が重要ですしね。

さて、今日も青汁飲んで健康になろっと。

その他のお知らせ

Return Top