Read Article

しょうがない。鍋を作るなら、特製タレで華を添えてあげよう。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
遊んでいる気になれる便利な都市(福岡・東京・横浜)で33年ほど生活したあと、もっと効率よく幸せになるために、生活のスペックを落とすことで生まれる不便を自分なりに遊ぶ人生に切り替えました。子育て、料理、アウトドア、バードウォッチングetc...ただいま遊びを勉強中!

P1090496

今日の夕食は「鍋」。

特に味付けは考えてないようで、「タレはポン酢でいいよね」なんて言っている。しょうがない、適当にタレでも作ってやろう。ということで、まずは鍋に使わないネギの青い部分をこまかく切って、

P1090486

そこにニンニクと生姜を、それぞれ一片すりおろす。

P1090487

すりゴマをたっぷり加えて、砂糖もほどほど入れて、P1090490

コチュジャンとオイスターソースを加える。本当はもっとコチュジャンを加えたり豆板醤を加えたりしたいけど、子ども達が辛くて食べられないだろうから、味噌も入れた。量は適当でいいよね。濃かったら鍋のお湯で薄めりゃいいし。

P1090493

最後にポン酢を加えて完成!

P1090494

やばい、適当に作ったけどウマかった。

妻も子ども達も「美味しい!」って喜んでくれて良かった良かった。いやはや、脇役のつもりが主役になってしまった。なーんてね。

Return Top