Read Article

青汁に入っている「グルタミン酸ナトリウム」って、なに?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

glutamate-300x133
青汁屋を始める前、いろんな青汁を飲んでいたら原材料にグルタミン酸ナトリウムと書かれている青汁があって、正直「これなに?飲んでも大丈夫なの?」と不安だったので調べてみました。同じように不安を感じている方の参考になれば嬉しいです。

早速ですが、グルタミン酸ナトリウムは旨味成分の一つなんだそうです。

グルタミン酸ナトリウムはうま味調味料(化学調味料)として使われる成分で、つまり味の素のことです。

ウィキペディアによると当初小麦などのグルテンを加水分解することによって生産していましたが、コストが非常に高くつくため、石油由来成分(アクリロニトリルなど)による合成など様々な手法が試みられたようです。

その後グルタミン酸生産菌が発見されて、これに廃糖蜜(サトウキビから砂糖を搾り取った残滓)などをエネルギー源として与え、発酵させてグルタミン酸を得る手法が安全性、コスト面において優れていることから、現在ではこのグルタミン酸生産菌による発酵法が主流となっているようです。

発酵を活性化するために添加剤を加えビオチンを阻害したり、窒素源(硫酸アンモニウムなど)、発泡を調整する薬剤が加えられることもあるため、安全性を疑問視されることもありますが、急性毒性などの試験の結果、食塩の半数致死量4g/kg(マウス経口)に対してグルタミン酸ナトリウム16.6kg/kgと、食塩よりも毒性の低い成分であることが分かっています。

青汁に味の素!?と思う方もいらっしゃると思いますが(私たちも驚きました)、実際にグルタミン酸ナトリウムを使った青汁と出逢ったことがありました。正直、お味は・・・。やっぱり青汁は余計なものは何も入れない方が好きです。

参考までに、ちょらの青汁ではグルタミン酸ナトリウムは使いません。安全性を懸念してとかではなく、グルタミン酸ナトリウムを使う分だけ青汁が薄まるからです。多少の製造効率を犠牲にしてでも濃い青汁作りを心がけています。青汁の安全性や効果効能については、こちらもご覧いただけると嬉しいです。

青汁の効果効能について

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top