Read Article

青汁に入っている「シクロデキストリン」って、なに?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

cyclodextrin-300x285
青汁屋を始める前、いろんな青汁を飲んでいたら原材料にシクロデキストリンと書かれている青汁があって、正直「これなに?飲んでも大丈夫なの?」と不安だったので調べてみました。同じように不安を感じている方の参考になれば嬉しいです。

ウィキペディアによると、シクロデキストリンはデンプンに酵素を作用させて得られる環状オリゴ糖で、グルコースがα-1,4結合で環状に連なった化合物で天然にも存在するそうです。

1891年にヴィリエ氏によって発見され、1903年にこの物質がシャルディンガー氏によって環状オリゴ糖であることが判明したのでシャルディンガーデキストリンともいうとのこと。

分子の中心に空洞があるので、他の分子を取り込み包接する性質を持ちます。この包接現象を利用して、例えばワサビに含まれる揮発性の高い香りや辛味成分を包み込み、揮散させないようにするなど、様々な食品や医薬品などで利用されています。

また、分子の内側は疎水性となっているため、疎水性の物質をシクロデキストリンに包接させることで水に溶解させたり、水や酸素と反応して不安定で分解しやすい医薬品を安定化させるためにも使用されています。

青汁でシクロデキストリンを使っているものなんてあるのかな、と思いきや実際にありました。青汁素材をシクロデキストリンで包み込み、溶かしやすくするために使っているのかもしれません。

参考までに、ちょらの青汁ではシクロデキストリンは使いません。安全性を懸念してとかではなく、シクロデキストリンを使う分だけ青汁が薄まるからです。多少の製造効率を犠牲にしてでも濃い青汁作りを心がけています。青汁の安全性や効果効能については、こちらもご覧いただけると嬉しいです。

青汁の効果効能について

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top