Read Article

青汁ランキングで比較された上位の青汁じゃないとダメ!?

この日記を書いた人

Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。

ranking
青汁ランキングサイトにも掲載されていないので、購入する時は不安でした。

そうした声をいただいたこともありますし、私たちも創業当時は青汁ランキングサイトや比較サイト、口コミって消費者のリアルな声だと信じていたので、「いつか上位にランクインしたいな」なんて思っていた時期もありました。でも、それぞれの情報をしっかり見ていくと気づいたことがあります。それは、

「上位だったり評判の青汁って、いつも同じ青汁だよね?」

ということ。その時、しっかりと理解しました。青汁ランキングや青汁比較サイト、口コミに至るまで基本的に広告だということに。その事実を知ってから、どうすれば評価をお金で買えるのか勉強して実践したこともありました。でも、知れば知るほど、やればやるほど。どうにも居心地が悪くて。

私たちがランキングサイトへの広告出稿を踏み出せない理由をまとめてみました。

青汁ランキングとは

テレビ通販や折込チラシと同じくらい、人気な宣伝手段がランキングサイトです。検索エンジンで、

  • 「青汁 ランキング」
  • 「青汁 比較」
  • 「青汁 口コミ」
  • 「青汁 効果」
  • 「青汁 おすすめ」

といったキーワードで検索すると、表示されるサイトのほとんどは青汁ランキングサイトです。以前、ランキングサイトに掲載されいている口コミを「飲み比べた素直な感想」と信じていましたが、ずっと釈然としないことがありました。それは、

「どのランキングサイトを見ても、同じような青汁ばかり順位付けされている」

ということでした。いまや青汁は100種類以上も販売されています。にもかかわらず、青汁ランキングで順位付けされている上位のほとんどが同じ青汁ばかりなのが不思議でたまりませんでした。

しばらくして気づいたのですが、青汁ランキングの多くは「アフィリエイト」なのだそうです。つまり、運営するサイトを通じて消費者が商品購入すると、報酬が発生する仕組みです。商品によって報酬率は異なり、当然のことながら高報酬の商品ほどおすすめされやすい傾向があります。

アフィリエイトサービスを提供する会社の一例としては、A8.net(エーハチネット)バリューコマースアクセストレードアフィリエイトBJANet(ジャネット)Moba8.netリンクシェアnend(ネンド)楽天アフィリエイトAmazonアソシエイトxmax(クロスマックス)YahooアフィリエイトFC2アフィリエイトセブンアフィリエイトインフォトップ電脳卸アフィリエイトなどがあります。

青汁ランキングで比較された口コミは、アフィリエイト(報酬)を目的に運営されていると明確に理解してから、私たちも青汁ランキングサイトの構築を依頼したこともありました。しかし、青汁の順位付けをする過程で、

  • 自分たちの儲けのために、他社の評判を落とす。
  • 純粋な口コミを装う(アフィリエイトであることを隠す)。

といった、他社を傷付けたり、消費者をだますような行為がどうしても受け入れられず、青汁ランキング(アフィリエイト)への広告掲載を中止しました。

また、青汁本来の効果とは栄養補助(参考:初めて「青汁 効果」で検索したら凄い効能ばかりで驚いた!)であるにもかかわらず、青汁ランキングサイト(つまりアフィリエイトサイト)の中には「○○○に効く」といった医薬品的効果を期待させるような宣伝も多く見られ、消費者の健康不安をいたずらに刺激する行為をみて、ますます遠ざけるようになりました。

青汁ランキング以外の口コミ

青汁ランキングサイトを見ている人の中には、それがアフィリエイトだと気づく方もいると思います。

そしてアフィリエイトではない、本当の口コミを調べようと検索する。けれど商品モニターサービスなどを利用すれば、そうした口コミ対策も行えます。商品モニターサービスは、消費者の率直な意見を商品開発に活かすことが本来の目的だと思いますが、その意見を口コミとしてネット上に拡散したり広告に活用することもできます。

私たちも利用したことがあり、「ちょらの青汁」で検索すると出てくる口コミの多くは、昔こうしたモニターサービスを利用して得たものです。ただやはり、青汁ランキングと同じように、お金で買った口コミにあふれる世界がどうしても面白いように感じられず利用を中止しました。

青汁ランキングについて

青汁屋をやってきた中でつくづく思うのは、

  • わりきって添加物を使って原価の安い青汁をつくる。
  • その分、高い報酬率でランキングサイトに依頼する。
  • 口コミを買って、人気な青汁だと思わせる。

ことが、私たちのような青汁屋が成長するための一般的な方法なんだろうな、ということです。

でも、やっぱり私たちにはできません。そんな青汁を愛飲したいとは思えないし、お金で買ったウソの情報にあふれる青汁の世界なんて楽しくありません。それよりも、青汁生活を楽しんでいる人の情報にあふれる世界の方がよっぽど面白いです。

「私たちは、無添加で濃い青汁が好き!」

そうした「好き!」という素直な声にあふれた世界を見てみたい。そのために、これからも自分たちの声を発信し続けます。

この日記を書いた人

Hiro Takayama
Hiro Takayama
1980年生。東京農工大卒→上場企業→ベンチャー企業→家族経営ブログ通販。家族生活は田舎の方が便利だと分かり鹿児島に移住。豊かな自然とネットがあれば子育て以上に楽しいものはない。
Return Top